むくみ解消法⑤まとめ

本日は、むくみの解消法その⑤「むくみ解消法のまとめ」です。

 長々とお伝えしてきたむくみに関するお話も、本日で本当に最後です。お疲れさまでした。




むくみ解消法 まとめ

 


水分をしっかり摂る
 ・冬場は500㎖、夏は1リットル以上
 ・お茶やコーヒーでなく、お水で水分を摂取する

 


②我慢せず、定期的にトイレに行く
 ・2~3時間に1回。1日4~6回
 


塩分だけでなく、糖分も摂りすぎるとむくみの原因
 ・あくまで摂り過ぎた分だからね
  


④筋肉を柔らかくして、水分を含ませる
 ・みずみずしく、ハリのあるお肌を目指す
  


⑤筋肉のポンプ機能を利用して、流してあげる
 ・老廃物はリンパでなく、静脈で流す
 ・大事なのはふくらはぎ横隔膜 
 


 
以上です、こんな簡単なことを長々と話していたなんて…
あれ?なんで?っと思った方は、過去の投稿を振り返ってください。

 



 むくみに関するよくある質問をまとめておきます。
 


Q.今までのリンパマッサージは鼠径部や鎖骨のリンパ節をマッサージしてから流していたんですが、それはやらなくていいですか?
 
A.はい、やらなくていいです。
 基本の耳たぶ回しなどのセルフケアをやっていれば、胸が広がっているので、鎖骨のリンパも流れやすくなっています。脇のリンパも片手バンザイ体操。鼠径部もタオルケアでの脚ふりができていれば周りの筋肉が緩んで流れやすくなっています。そもそも、リンパよりも血流が大事です。そのためのセルフケアです。

 

Q.お酒を飲むと翌朝むくみがひどいのですが、対処法はありますか?
 
A.お酒を飲まないでください。っと言いたいところですが(笑)
 まずは、お酒を飲むときは必ずお水もしっかり飲んでください。理想は、350㎖のビールを3杯飲むなら350㎖のお水3杯を飲んでください。それはなかなか大変でしょうが、中ジョッキ1杯分(500㎖)のお水をちびちびと飲むようにしてください。
 後、一緒に食べるおつまみも、味の濃いものばかりにならないようにしてください。

 
Q.むくみが脂肪に変わるって本当ですか?
 
A.嘘です。水分が脂肪に変われるならば、人は水だけで生きていけます。
 ただ、むくみやすい部位=脂肪のたまりやすい部位だと思ってください。
 むくみやすいところは、筋肉も硬く、血流が悪い部位なので、老廃物や脂肪もたまりやすく、運動して燃やした脂肪も流れにくくなっていると思ってください。むくみが取れてきたら、脂肪も流れやすくなります。

 
Q.顔がむくみやすいのですが、原因はなんですか?
 
A.お顔の筋肉が使えていない証拠です。一般的に、デスクワークの方は、接客業やサービス業の方に比べてお顔がむくみやすいです。それは、表情を作らないから。
 表情筋と言われるお顔の筋肉を使わないので、筋肉が硬くなりがちです。また、パソコン姿勢は猫背になりやすく、呼吸も浅くなるので、呼吸筋も使えていないので、むくみやすい条件がそろってしまいます。
 トイレに行くときに、軽くセルフケアをすることで、一度硬くなった筋肉を緩めてあげて、姿勢を整えて仕事中に戻ってください。

 

Q.セルライトもセルフケアで解消しますか?

 

A.解消します!そもそも、セルライトは、

「脂肪、水分、老廃物」がコラーゲン繊維とからみあって

肥大化、固まった状態です。

 まずは、水分と老廃物を流してしまい、その後もため込まないようにしておきましょう。

 脂肪は、冷えから体を守るためにつくものです。冷えないようにするためには、筋肉を正常に働かせましょう。筋肉の仕事は、熱を作ることですから。もちろん、硬い筋肉は熱を作れないので、柔らかくしておきましょう。セルフケアをした後に、じんわりと体が温かくなるのはそのおかげです。

むくみに関する質問、お答えします。

コメント欄に記入してください。

関連記事

  1. むくみ解消法②むくみと言えば昔は塩分だったけど、今は〇分の方…

  2. 女性の大敵、むくみ改善法① まずは水分を摂ろう

  3. むくみ解消法④むくみを流してくれるのはリンパではなく血流?

  4. むくみ解消法③筋肉とむくみの関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

予約するボタン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。